お金持ち・富裕層になるための考え方と行動実践の重要性について

誰もが憧れるお金持ちという響き。

お金持ちになるためには,生活をしていく中でどのような考え方を持ち,どのような行動をしなければならないのでしょうか。

お金持ちになるための考え方

お金持ちになるために最も大事なことは,お金持ちになるための考え方を理解していることです。収入が多いことではありません。

もちろん収入が大いに越したことはないのですが,お金持ちがお金持ちたるゆえんは,「収入>支出の状態が常に維持されている」からです。

収入額が多くても,それに応じた支出をしていればお金持ちにはなれません。

他方,収入額が低くても,支出がそれよりもさらに低ければお金持ちになって行きます。

支出についての考え方については別稿に委ねますので,本稿では収入についての考え方を検討します。

年収1億円でも全く貯金がない人もいれば,年収300万円でも数千万円の貯金がある人もいます。

私は弁護士ですので,多くの人のお財布事情を生で見てきましたが,年収と貯金額とが比例していないと断言できます。

お金持ちになるために重要なことは,収入>支出の状態が常に維持されていることです。

この「常に」の状態をどうやって作り出すか考えることが重要なのです。

多くの資産を持つことや,一時的な労働所得が多いことが重要なのではありません。

もっとも,多くの人は,このことを理解していません。

一時的に年収が高い人を見て,好きなものを買えていいなとか,旅行三昧,いいもの食べているんだろうなと羨ましがっている人は,お金持ちになれません。

この考えを持っている人は,たとえ年収が上がって行っても,その分消費額が増えるだけで,あったらあっただけ使い切ってしまうからです。単に浪費家に憧れているだけです。

宝くじがあった人や,プロスポーツ選手など,一時的に華やかな世界に居た人の多くが,晩年は苦しい生活をしている理由もここにあります。

高い所得を得ても,使ってしまっては収入増加は見込めません。

何かが起きて収入を得る手段がなくなってしまえば,瞬く間に困窮してしまう危険な状態にいるのですが,高い収入を得ている人は,往々にしてそのことに気が付いていません。

労働等によって所得を得て(高い労働所得を得ている人や,宝くじや相続等によって一時金が得られた人は元手が出来てラッキーと考えましょう。),それを今後も所得を生む仕組みに組み替えることによって,はじめて「常に入ってくる」所得が増えていくのです。

いわゆる不労所得です。

不労所得を積み上げていき,これが支出額を超えたときに,あなたはお金持ちになったといえるのです。

この考え方を持つことはそれ程難しいことではないのですが,多くの人はこの考え方を持つことが出来ません。

だから多くの人はお金持ちではないのです。

お金持ちになるためにすべき行動

以上のお金持ちになる考え方を持たとしても,多くの人はこれを実行に移しません。

非常に簡単な方法ですが,多くの人は出来ません。

なぜか?

多くの人は,自身の労働対価として得た収入を,消費せずに投資に回すことに耐えられないからです。

人間には欲望がありますので,お金が入れば,いいところに住みたい,いいものを食べたいと思うのは当然です。

ただ,この欲を制御できなければお金持ちにはなれません。

さらには,出来ない理由を探し始めることもマイナス要因です。

自分には投資をするだけのまとまったお金がないだとか,もしも損したらどうするんだとか言い出してしまえば,お金持ちになるための行動を開始することが出来ません。

理屈がわかっていても実践しなければお金持ちになることが出来ないことは明らかです。

具体的に何をすべきなのかは人それぞれ得意分野が違うでしょうから,以下の各稿や,書物等で調べて,自分にあったものを選択され,直ちにスタートすることをお勧めします(もちろん,自己責任ですが。)。

終わりに

以上が,お金持ちになるのが難しい理由です。

イメージ的にいうと,お金持ちになるための考え方を持っている人が10人に1人しかいないとして,その考え方を持っている人のうち実践できる人が10人に1人しかいないとすると,お金持ちになる可能性を持っている人は100人に1人しかいないこととなります。

簡単なことですが,簡単なことではないのです。

一度立ち止まって考えてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です