【交通事故による後遺障害】鼻の欠損

鼻は,呼吸や嗅覚等をつかさどる器官です。

交通事故により,鼻が欠損した場合の後遺障害について,以下検討します。

 

第1 鼻の構造

鼻は,外鼻と鼻腔とに区分され,鼻腔は,鼻中隔により左右に分けられます。

呼吸の通路である鼻腔は,空気を吸い込みときに,鼻毛や粘膜などによって埃などの侵入を防ぎ,さらに空気を温暖湿潤にする作用を行い,鼻腔の表面は粘膜に覆われ,その上部には嗅覚をつかさどる器官があります。

 

第2 鼻の欠損に起因する後遺障害

1 鼻の欠損について

鼻の欠損については,早見表において,別表第二9級5号に,「鼻を欠損し,その機能に著しい障害を残すもの」として,1種類のみの等級の定めがあります。

なお,ここにいう鼻の欠損とは,鼻軟骨の全部又は大部分の欠損をいいます。

また,機能に著しい障害を残すものとは,鼻呼吸困難又は嗅覚脱失をいいます。

2 醜状障害との比較について

もっとも,鼻の欠損は,醜状障害としてもとらえることもできますので,鼻の欠損による等級と,外貌醜状との等級を比較し,いずれか高い方の等級で認定されることになります。

3 鼻の欠損の後遺障害等級まとめ

以上をまとめると,鼻の欠損についての後遺障害は,以下の表のとおりとなります。

 鼻の欠損 7級12号 鼻を欠損したことにより,「外貌に著しい醜状を残す」状態となった場合
9級5号 「鼻を欠損し,その機能に著しい障害を残す」状態となった場合
9級16号 鼻以外の顔面の瘢痕等も併せて考慮し,「外貌に相当程度の醜状を残す」状態となった場合
12級14号 鼻以外の顔面の瘢痕等も併せて考慮し,「外貌に(単なる)醜状を残す」状態となった場合



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です