1年のうちで税務調査が多い時期はいつか?

個人事業主の方や中小企業の社長にとって,避けたいもの1番,かどうかはわかりませんが少なくとも上位に入る税務調査。

では,1年を通じて,税務調査が行われることが多い時期はいつなのでしょうか。
税務調査を担当する税務調査官は,公務員であることから,当然税務署の事業年度に従って業務を行うこととなります。また,公務員ですので,事業年度を基準とした一定の時期ごとの人事異動があります。

この点,税務署の事業年度は,他の官庁と異なり7月1日から翌年の6月30日までとされています。

その理由は,以下のとおりです。

日本では,個人事業主は,毎年1月1日から12月31日までの1年間の税額を計算し,翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告することとされています。

また,法人は,事業年度末日(決算期)から2か月以内に法人税の申告することとされているところ,日本では,事業年度を4月1日から翌年の3月31日に設定している法人が多いため,必然的に5月末頃に法人税の申告期限となることが多いのです。

そのため,税務署では,年が明けてからしばらくして個人の確定申告への対応でお大忙しとなり,それが終わったと思ったら休む間もなく法人の申告で大忙しとなるため,年初めから6月ころまでは極めて多忙なのです。特に毎年3月から6月までが1年で一番忙しい時期だそうです。

そこで,税務署では,円滑な業務遂行の観点から,前記期間を外して,7月1日から6月30日までを事業年度として設定しているのです。

当然,税務調査官を含めた税務署職員の人事異動も7月1日付で行われます。なお,大体各税務署では毎年3分の1程度異動するようで,調査担当部門では,7月1日から新たな人員での体制が整うわけです。
そして,7月になってから,心機一転新たなメンバーで1年の調査計画を立て,調査に行く事案を選定するわけです。

そのため,税務調査は,毎年7月ころ(調査計画を立てて実行に移す時期)から12月ころまで(翌年の申告準備が始まる前)が,税務調査が最も多い時期となるようです。

なお,大阪国税局管内では,この7月から12月までの時期を,「ナナジュウニ」と呼んでいるそうです。

以上のことを念頭に置き,税務調査の際には,突然税務調査官が来て質問をされたとしても,何でもすぐに答えられる準備をしておきたいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です