相続放棄者の相続財産管理義務(民法940条責任)とは

被相続人が亡くなった際,相続放棄をしたら必ず全ての義務から解放されると思っていませんか。

法律上は,相続放棄をしても,相続放棄者が相続に伴う全ての責任・義務を免れることができるとは限りません。

いわゆる相続放棄者の管理義務(民法940条)というものがあるからです。 “相続放棄者の相続財産管理義務(民法940条責任)とは” の続きを読む

相続人(配偶者・子・直系尊属・兄弟姉妹)がいない被相続人が死亡した場合にその所有不動産の処分は相続財産管理人が裁判所の許可の下で行います

人は,必ずいつか死亡しますが,死亡したとしてもその人が生前に有した権利・義務は消滅しません。

そこで,亡くなった人=被相続人の死亡により,同人の権利・義務を誰かが引き継ぐことになります。 “相続人(配偶者・子・直系尊属・兄弟姉妹)がいない被相続人が死亡した場合にその所有不動産の処分は相続財産管理人が裁判所の許可の下で行います” の続きを読む

祭祀承継と相続の違いとは(法律・裁判例上,被相続人の遺骨・先祖代々の墓等の承継者は誰か)

家族のどなたかが亡くなられた際,親族間で葬儀・墓・納骨・以降の手続き等で意見が食い違ってトラブルに発展することがあり得ます。

最終的には,亡くなった方の遺骨や亡くなった方が管理していた祭祀財産を承継した人がこれを決定することになるのですが,ではこれらは,亡くなった方から,誰にどのように承継されるのでしょうか。 “祭祀承継と相続の違いとは(法律・裁判例上,被相続人の遺骨・先祖代々の墓等の承継者は誰か)” の続きを読む

内縁の法律関係(双方存命中の場合と一方が死亡した場合)

職業柄,長年連れ添っているが,事情があって籍を入れていない関係(内縁関係・事実婚関係)にある方から相談を受けることがあります。

本稿では,内縁とは何か,双方存命中の内縁の法律関係,一方が死亡した後の内縁の法律関係について考えていきたいと思います。 “内縁の法律関係(双方存命中の場合と一方が死亡した場合)” の続きを読む

相続税節税目的の養子縁組の限界(孫養子のメリット・デメリット)

「最高裁で節税目的の養子縁組が認められたので自分も養子を増やして節税したい。」との相談が,最近続けてありました。

この相談に対する回答は,「養子の数をいたずらに増やしても基礎控除は増えませんので,相続税の節税にはなりません。」なのですが,多くの人が誤った理解をしています。

皆さん税金を払いたくないので,自己に都合よく解釈をしているみたいです。

以下,どういうことなのか説明します。 “相続税節税目的の養子縁組の限界(孫養子のメリット・デメリット)” の続きを読む

相続税の基礎控除額の減額により相続人間の遺産紛争が増加している

相続税法改正により,平成27年1月1日以後に発生した相続につき,相続や遺贈により取得する財産にかかる相続税の基礎控除額が減額されました。

しかも,基礎控除額の減額割合は,なんと以下のとおりそれまでの60%です。

(改正前)5000万円+(1000万円×法定相続人数)

(改正後)3000万円+(600万円×法定相続人数)

この相続税の基礎控除額の減額により,相続税納付を要する相続件数が激増することになった上,遺産をめぐる紛争が増加しているようです。どういうことでしょうか。 “相続税の基礎控除額の減額により相続人間の遺産紛争が増加している” の続きを読む