【交通事故による後遺障害】人体の各関節の平均的な運動領域である参考可動域角度について

交通事故の外傷により,人体のいずれかの関節の可動域に制限を残す後遺障害が残存してしまうことがあります。

この場合,原則として左右関節のうち,障害の存する側(患側)の関節可動域と,障害のない側(健側)の関節可動域の両方を測定し,両者を比較することにより各関節の機能障害の認定を行います。

もっとも,事故前から,交通事故により障害を負った側ではない側(健側)に,何らかの障害を有していた人の場合には,比較すべき健側の数値が妥当なものではありませんので,この場合には,平均的な運動領域である標準角度(生理的運動領域,参考可動域角度)と比較して後遺障害等級認定がなされます。
本稿では,前記各関節の平均的な運動領域である参考可動域角度について,関節ごとに見ていきたいと思います。

各関節の平均的な運動領域である参考可動域角度

体幹部の関節の標準角度

運動方向 正常可動範囲 標準角度
頚部 屈曲(前屈) 0~60度 110度
伸展(後屈) 0~50度
回旋(捻転) 左旋 0~70度 140度
右旋 0~70度
側屈 左屈 0~50度 100度
右屈 0~50度
胸腰部 屈曲(前屈) 0~45度 75度
伸展(後屈) 0~30度
回旋(捻転) 左旋 0~40度 80度
右旋 0~40度
側屈 左屈 0~50度 100度
右屈 0~50度

上肢の関節]の標準角度

運動方向 正常可動範囲 標準角度
肩関節
(肩甲骨の動きを含む)
屈曲(前方拳上) 0~180度 230度
伸展(後方拳上) 0~50度
外転(側方拳上) 0~180度 180度
内転 0度
外旋 0~90度 180度
内旋 0~90度
ひじ関節 屈曲 0~145度 150度
伸展 0~5度
前腕 回内 0~90度 180度
回外 0~90度
手関節 背屈 0~70度 160度
掌屈 0~90度
橈屈 0~25度 80度
尺屈 0~55度

手指の関節]の標準角度

運動方向 正常可動範囲 標準角度
母指 橈側外転 0~60度 150度
掌側外転 0~90度
屈曲(MP関節) 0~60度 70度
伸展(MP関節) 0~10度
屈曲(IP関節) 0~80度 90度
伸展(IP関節) 0~10度
第二~第五指 屈曲(MP関節) 0~90度 135度
伸展(MP関節) 0~45度
屈曲(PIP関節) 0~100度 100度
伸展(PIP関節) 0度
屈曲(DIP関節) 0~80度 80度
伸展(DIP関節) 0度

下肢の関節]の標準角度

運動方向 正常可動範囲 標準角度
股関節 屈曲(膝伸展位) 0~90度 105度
伸展 0~15度
屈曲(膝屈曲位) 0~125度 140度
伸展 0~15度
外転 0~45度 65度
内転 0~20度
外旋 0~45度 90度
内旋 0~45度
ひざ関節 屈曲 0~130度 130度
伸展 0度
足関節 屈曲(底屈) 0~45度 65度
伸展(背屈) 0~20度

足指の関節]の標準角度

運動方向 正常可動範囲 標準角度
母趾 屈曲(MP関節) 0~35度 95度
伸展(MP関節) 0~60度
屈曲(IP関節) 0~60度 60度
伸展(IP関節) 0度
第二~第五趾 屈曲(MP関節) 0~35度 75度
伸展(MP関節) 0~40度
屈曲(PIP関節) 0~35度 35度
伸展(PIP関節) 0度
屈曲(DIP関節) 0~50度 50度
伸展(DIP関節) 0度

なお,交通事故損害賠償上,後遺障害等級認定における,各関節の機能障害の可動域値は,日本整形外科学会及び日本リハビリテーション医学会により決定された「関節可動域表示ならびに測定法」に基づき測定された可動域により行います。