年収1000万円の人と1億円の人は働き方が違う!サラリーマンは昇給で収入1億円にはならない

年収1億円‼︎憧れますね。

年収が1億円あれば,日常生活でお金を気にかける必要は,ほぼ無くなります。お金で解決できることは,ほぼなんでもできます。

言うなれば,年収1億円でお金を心配から解放されるのです。

本稿では,この年間1億円(実際に1億円に到達するのはかなり困難ですので,具体的な数字ではなく,あくまで1つの目標として)を稼ぐための思考・働き方の方向付けについて考えていきましょう。

“年収1000万円の人と1億円の人は働き方が違う!サラリーマンは昇給で収入1億円にはならない” の続きを読む

誤って勤務先会社の備品等を壊してしまった場合,従業員は全額弁償をしなければならないのか

どこかの会社に所属して仕事をする場合,必然的に会社の備品等を使用しますので,一定の割合でこれを損壊してしまうことがあり得ます。また,運送業等では一定の割合で事故が事故が発生しますので,同様の事態が発生します。

では,勤務先会社の所有物を損壊してしまった場合,従業員はこれを弁償する義務を負うのでしょうか。 “誤って勤務先会社の備品等を壊してしまった場合,従業員は全額弁償をしなければならないのか” の続きを読む

経費支払いの証明に,サラリーマンは領収証が必要で自営業者・経営者はレシートで足りる理由

経費を計上又は清算するために,会計の際になんとなく「領収書ください。」と言っていませんか。

金銭の支払いを公的に証明するものが領収書だと思っていませんか。

そんなことはありません。 “経費支払いの証明に,サラリーマンは領収証が必要で自営業者・経営者はレシートで足りる理由” の続きを読む

ほとんどの日本人に民間の医療保険の必要性がない・おすすめできない理由とは(やむなく加入する場合でも終身は不要,掛け捨てで十分)

日本人は保険が大好きな国民であるとよく言われます。
実際,よく理解しないまま保険を掛けておられる方も多いのではないでしょうか。
そういう方には,一度ご自身が加入しておられる保険を見直していただきたいと思います。
多くの方の生命保険,ほとんどの方の民間企業の医療保険は必要がないからです。

生命保険については別稿にとっておき,本稿では,ほとんどの方に民間の医療保険は必要ないことについて説明したいと思います。 “ほとんどの日本人に民間の医療保険の必要性がない・おすすめできない理由とは(やむなく加入する場合でも終身は不要,掛け捨てで十分)” の続きを読む

投資目線で見ると従業員持株会を利用する経済的メリットは存在しない

従業員持株会は,多くの上場企業や,一部の未上場企業で導入されており,従業員の資産形成に役立つ福利厚生ツールであるかのような感覚を持っておられる方が多いのではないでしょうか。

私は,個人的には,投資的視線で見る限り,サラリーマンの方は,従業員持株会には参加すべきでないと考えています。
以下,その理由を説明します。 “投資目線で見ると従業員持株会を利用する経済的メリットは存在しない” の続きを読む

年末調整で処理されるサラリーマンの税金・社会保険料の負担が,自ら確定申告をする個人事業主・自営業者よりも高い額となる理由

我が国のサラリーマンの方は,自営業者の方と比べると,収入比で圧倒的に高額の税金・社会保険料を払っています(本来は払うではなく,納めるというべきでしょうが,ここではあえて払うと表記します。)。 “年末調整で処理されるサラリーマンの税金・社会保険料の負担が,自ら確定申告をする個人事業主・自営業者よりも高い額となる理由” の続きを読む