お金持ちの金銭支出の考え方とは(初デート代は男性が奢るべきであり割り勘は避けるべきである理由を例に)

お金持ちになるためには,不必要な支出を控える必要があることに異存はないと思います。

もっとも,何が必要な支出で,何が不必要な支出かを判断することは簡単ではありません。

本稿では,お金持ちになるために必要な支出・不必要な支出の別について,男性の側から考える,初デートの際にデート代を男性が奢るべきか,割り勘にすべきかという問題を例に挙げて検討したいと思います。

初デート代の負担についての問題提起

女性だけでなく男性もドキドキの初デート。

気になるあの人とどこかへ出かけた場合,その行った場所ごとにお会計がついて来ます。

初デートともなると,男性側も自身の経験を基に,自分を好いてもらうためにそれなりの計画を練ってくるでしょうから,相応の費用がかかります。

このお会計について,男性側としては,自分で全額支払うべきか,割り勘にして女性にも負担してもらうかについて悩ましいところです。

男性側からすると,最初に奢ってしまうとずっと奢らなくてはならないのではないかと否定的に考えてしまう要素がある反面,最初くらいはカッコつけたいと肯定的に考える要素もあります。

ある程度の歳を重ねた男性なら気にしない額でも,社会人になりたての男性であれば経済的余裕のなさから割り勘へ向かいがちかもしれません。

実際のデートについては,当人の意思の問題ですので,私がとやかく言うつもりはありませんが,金持ち的思考と言う意味で口を挟ませてもらえるなら,初デートでは,絶対に男性がデート代の全額を支払うべきといえます。

費用対効果の観点から経済的に見ると異論の余地がありません。

男性がデート代を奢るべき理由

金持ちは,何らかの支出をしようとする場合,その支出とそれによって得られる対価を比較してこれを決定します。

お金があるから,得られる物・サービスが安いからという理由だけで闇雲に支出をすることはありません。そんなことをしていたらお金持ちにはなれません。

金持ちは,支払った額に対して,得られる対価が大きいもの,すなわち「相対的に安い」もの=払った額に比べて得られる対価が大きいものについてお金を払うものなのです。

では,初デートの際に得られる対価とは何かを考えると,気になるあの人に気に入られたい,あわよくば付き合いたい(一夜を共にしたいという理由かもしれません)というのがほとんどだと思います。

この点については,私は専門家ではないので正確なデータを出せませんが,デートにやって来た女性から見ると,奢ってもらえるのと,割り勘を求められるのとではどちらが男性に好印象を持つかは,考える必要もないくらい明らかです。

ましてや,女性は,デートの準備に男性以上の費用がかかりますので,そもそも割り勘を求められることがフェアですらありません。

男性から割り勘を求められたことのみで,その男性を恋愛対象から外してしまう女性も一定数いるそうです。

すなわち,初デートで,男性が女性に割り勘を求めると,デートの成功率がグンと下がってしまうのです。

他方で,初デートに特化して考えると,割り勘をせずに男性が全ての支払いをしても,せいぜい数千円~数万円に過ぎません。

そうだとすると,費用対効果の観点から見ると,たかだか数千円~数万円をケチって,女性の歓心を買うという初デートの成功率を下げてまで割り勘を求める理由がありません。

そんなことをするのは,死んだお金の使い方といえます。

金持ちは,このような死んだお金の使い方は絶対にしません。

そんなことを言っても,実際上,デート代全額払えないよという反論が来るかもしれませんが,そうであるなら全額払えるプランにグレードダウンしてでも,見栄を張り,女性からの印象を高めるべきです。

お金持ちになるためには,得られる効果と比較した上で,支払いをするべきか否かを決定する必要があるのです。

本稿では,初デート代金を例に説明しましたが,ビジネスの全てはもちろん,私生活上の全ての行動において当てはまる理屈だと思います。

参考になりましたでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です