オービスの手前に速度取締機設置という告知看板が掲示されている理由とは

オービス(自動速度取締装置)が設置されている道路では,その直前に,「自動速度取締機設置区間」などという看板が設置され,車両運転車にその先にオービスが設置されていることが分かるようになっています。

速度違反を取り締まるためには,事前に取り締まりがある旨を明らかにしていれば意味がないのではないかと疑問に思いませんか。

ところが,法律上は,この告知看板には重大な意味があります。

どういうことか,以下説明します。 “オービスの手前に速度取締機設置という告知看板が掲示されている理由とは” の続きを読む

保釈とは何か(制度趣旨,保釈金,問題点等について)

保釈という制度を知っていますか。

ニュースで頻繁に出てくる言葉ですので,何となく身柄拘束されている人が判決前に仮に釈放されることみたいな漠然としたイメージがあるのではないかと思います。

本稿ではそんな保釈という制度の概略について,弁護士の立場から,できるだけ分かりやすく説明したいと思います。

“保釈とは何か(制度趣旨,保釈金,問題点等について)” の続きを読む

挨拶は人間関係を構築し紛争の種を摘み取ることができる強力なビジネスツールである

皆さんは,顔見知り方を見かけた場合,きちんと挨拶をされていますか。

挨拶って相当大事だと思うのですが,結構な割合で挨拶をしてくれない人がいます。

本稿では,挨拶の経済的効用について私見を述べたいと思います。 “挨拶は人間関係を構築し紛争の種を摘み取ることができる強力なビジネスツールである” の続きを読む

企業の採用面接において学生は面接官の質問に何を答えるべきか(学校教育の有用性と問題点から就職活動を考える)

今年も,就職活動の時期が近づいてきました。

学生の皆様は,気が気でないかもしれません。

これから採用面接に挑もうとする学生に対し,どういう気構えで挑めばいいのかについて,学校教育の有用性・問題点を踏まえ,私見を述べたいと思います。 “企業の採用面接において学生は面接官の質問に何を答えるべきか(学校教育の有用性と問題点から就職活動を考える)” の続きを読む

地震で倒壊した他人所有の建物の下敷きになって人的・物的被害を被った場合に建物所有者に対して損害賠償請求ができるか

ご存じの通り,日本は地震大国です。

毎年,大きな地震がどこかで発生していると言っても過言ではありません。

日本にはまだまだ木造家屋も多く存在しており,地震による大きなエネルギーが加わると,家屋が倒壊し,その中にいる人がけが・死亡してしまったり,中においてある物が壊れてしまったりすることがあり得ます。

では,地震によって倒壊した建物により,人的・物的被害を被った被害者は,倒壊した建物所有者に対して,被った損害の賠償請求ができるのでしょうか。 “地震で倒壊した他人所有の建物の下敷きになって人的・物的被害を被った場合に建物所有者に対して損害賠償請求ができるか” の続きを読む

信号機による交通整理のない交差点での直進自転車と直進四輪車・二輪車との出会頭衝突事故の基本的過失割合

信号機による交通整理のない交差点において,直進自転車と直進四輪車・単車との出会頭交通事故が発生した場合,自転車と四輪車・単車との過失割合はどのようになるのでしょうか。

“信号機による交通整理のない交差点での直進自転車と直進四輪車・二輪車との出会頭衝突事故の基本的過失割合” の続きを読む

年齢の数え方が満年齢方式によるとされる法律上の根拠とは(数え年との違いも)

皆様は,年齢の数え方について考えてみたことはありますか。

「数え年」,「満年齢」などという言葉は聞かれたことがあると思いますが,法律上の年齢の考え方をご存知の方は少ないと思われます。

そこで,以下,法律上の年齢の考え方について検討してみたいと思います。

“年齢の数え方が満年齢方式によるとされる法律上の根拠とは(数え年との違いも)” の続きを読む

私人逮捕(一般人による現行犯逮捕)が認められる理由と誤認私人逮捕の責任とは

私人逮捕という言葉をご存知ですか。

私人逮捕という単語は,法律に記載されたものではないため,法律用語という訳ではありませんが,世間ではこの呼び方が一般的と思いますので,本稿でもあえてこの用語に乗っかって説明します。
“私人逮捕(一般人による現行犯逮捕)が認められる理由と誤認私人逮捕の責任とは” の続きを読む

交通事故に起因するむち打ち損傷(脱臼骨折のない頚椎捻挫・外傷性頚部症候群)の発生メカニズムと組織修復期間の目安について

交通事故被害者には,結構な割合で明らかな骨折や脱臼を伴わない頚椎支持軟部組織(靭帯,筋肉,椎間板等)の損傷を主体とするむち打ち被害が発生します。

特に追突事故による受傷事案については,ほとんどがこのむち打ち損傷が問題となっていると思われます。

そこで,本稿では,以下,むち打ちの場合の頚部損傷のメカニズムと,受傷後組織修復までのメカニズムについて,交通事故処理に必要な限度で,できる限りわかりやすく説明をします(なお,厳密な意味での医学的見解と異なる場合がありますのでご容赦ください。)。 “交通事故に起因するむち打ち損傷(脱臼骨折のない頚椎捻挫・外傷性頚部症候群)の発生メカニズムと組織修復期間の目安について” の続きを読む