年収1000万円の人と1億円の人は働き方が違う!サラリーマンは昇給で収入1億円にはならない

年収1億円‼︎憧れますね。

年収が1億円あれば,日常生活でお金を気にかける必要は,ほぼ無くなります。お金で解決できることは,ほぼなんでもできます。

言うなれば,年収1億円でお金を心配から解放されるのです。

本稿では,この年間1億円(実際に1億円に到達するのはかなり困難ですので,具体的な数字ではなく,あくまで1つの目標として)を稼ぐための思考・働き方の方向付けについて考えていきましょう。

“年収1000万円の人と1億円の人は働き方が違う!サラリーマンは昇給で収入1億円にはならない” の続きを読む

京都地方裁判所・京都簡易裁判所(京都地裁・京都簡裁)への徒歩での行き方(京阪本線・神宮丸太町駅からのアクセスを画像で紹介)

京都地方・簡易裁判所は,京阪本線・神宮丸太町駅の西約700mに位置しており,同駅から徒歩で行くと,大人の足で10分程度の道のりです。

同裁判所の東側にある京都市営地下鉄・丸太町駅からも行くことが出来ますが,本稿では京阪本線・神宮丸太町駅からの徒歩ルートを写真付きで紹介したいと思います。 “京都地方裁判所・京都簡易裁判所(京都地裁・京都簡裁)への徒歩での行き方(京阪本線・神宮丸太町駅からのアクセスを画像で紹介)” の続きを読む

茨木簡易裁判所(茨木簡裁)への徒歩での行き方(阪急京都線・茨木市駅からのアクセスを画像で紹介)

茨木簡易裁判所は,阪急京都線・茨木市駅の西約800mに位置しており,同駅から徒歩で行くと,大人の足で10~15分の道のりです。

同裁判所の東側にあるJR京都線・茨木駅からも行くことが出来ますが,本稿では阪急京都線・茨木市駅からの徒歩ルートを写真付きで紹介したいと思います。 “茨木簡易裁判所(茨木簡裁)への徒歩での行き方(阪急京都線・茨木市駅からのアクセスを画像で紹介)” の続きを読む

改造車が交通事故被害に遭った場合,車両本体と改造パーツの全損時価額認定はどのように行うのか

ノーマル車のみならず,改造車も当然に交通事故に遭う可能性があります。

ノーマル車であれば,市場に同等車両が存在する可能性が高いため,全損時価額を算定するのはそれほど困難ではありませんが,改造車は,世界に1台しかない特殊な車両ですので,全損時価額を算定するのは簡単ではなく,交通事故損害賠償実務でも度々これが問題となります。

そこで,以下,改造車の時価額算定の考え方を説明します。 “改造車が交通事故被害に遭った場合,車両本体と改造パーツの全損時価額認定はどのように行うのか” の続きを読む

年金受給無職者が交通事故被害に遭って後遺障害を負った場合又は死亡した場合,損害賠償額積算にあたり年金収入額を基礎収入に算入することはできるのか

高齢等の理由によって職に就くことなく年金受給額のみで生活されている方が交通事故被害に遭って後遺障害を負った場合又は死亡した場合,同人の損害賠償額積算にあたり年金収入額を基礎収入に算入することはできるのでしょうか。

交通事故被害者に後遺障害が残ったり,同被害者が死亡したりする場合には,損害賠償額が高額になることが多く,強く争われることが多い論点ですが,結論的には,後遺障害逸失利益の場合と死亡逸失利益との場合ではその結論に違いがあります。 “年金受給無職者が交通事故被害に遭って後遺障害を負った場合又は死亡した場合,損害賠償額積算にあたり年金収入額を基礎収入に算入することはできるのか” の続きを読む

エステサロンを開業するのに行政への届出・許可申請も特別な国家資格も必要ありません

自分の美的センスを生かせる仕事をしたい。独立をして,自分の思い通りの仕事がしたい。そんな想いを持って,エステサロンを開業したいと考えられる方も多いのではないでしょうか。 “エステサロンを開業するのに行政への届出・許可申請も特別な国家資格も必要ありません” の続きを読む

道路横断歩行者の道路交通法上の注意義務と交通事故が発生した場合の過失割合

日本では,全国津々浦々いたるところに道路が設置されていますので,歩行者がどこかからどこかへ移動しようとする際には,必然的に道路を横断する必要が生じます。

そこで,以下,道路横断歩行者及び横断歩道通過車両の注意義務と,道路横断歩行者が交通事故に遭った場合の過失割合について,道路構造ごとに分けて検討します。 “道路横断歩行者の道路交通法上の注意義務と交通事故が発生した場合の過失割合” の続きを読む

会社が永続的に生き残るためには社長は元気なうちに次世代に経営権を引き継がなければならない

会社の究極的な目的は,存続し続けることです。つぶれてなくならないことです。

会社がつぶれてしまえば,その名はもちろん,その会社が持っている技術・ノウハウが消えてしまい,結果として社会的価値を失ってしまうからです。

以前,会社をつぶさないために,従業員や経営者が何をするべきかについての私見を述べましたが,本稿では,会社をつぶさないために,いつ事業承継をすべきか・経営権を引き継ぐべきかについて考えてみたいと思います。 “会社が永続的に生き残るためには社長は元気なうちに次世代に経営権を引き継がなければならない” の続きを読む

団塊の世代以降に産まれた人が公的年金受給だけで生活を維持することが絶望的である理由

昨今,某報告書と某財務大臣による発言等により,世間では,将来受給できる公的年金のみでは生活が維持できないのではないかという話題で持ちきりです。

この点については,国会やマスコミで議論の的になっており,また,次の選挙の争点ともなりそうです。

ただ,結論において争いがない点を争点にしても意味がありません。

平均的な日本人が,将来に亘って公的年金のみで生活できないことは明らかです。考えるまでもありません。

“団塊の世代以降に産まれた人が公的年金受給だけで生活を維持することが絶望的である理由” の続きを読む

交通事故被害者に対する後遺障害等級認定結果に対する3つの争い方とは

交通事故被害に遭い,不幸にも心身に障害が残ってしまった場合,自賠責保険会社・共済組合を通じて損害保険料率算出機構に属する自賠責調査事務所に対して後遺障害等級認定を申請することができます。

手続き上は,加害車両付保自賠責保険会社又は共済組合に申請し,自賠責調査事務所に認定される形となります。

この点,自賠責調査事務は被害者の臨床検査等を行わず,提出された記録のみをもって後遺障害等級認定を行いますので,被害者側からすると,自身の障害がきちんと評価されていないと感じられる場合が多々あります。

かかる被害者の違和感を払しょくするために,自賠責調査事務所によってなされた等級認定結果を争う手続きが,主に3つ存在します。

異議申立て,紛争処理機構への調停申請,訴訟です。以下順に説明します。 “交通事故被害者に対する後遺障害等級認定結果に対する3つの争い方とは” の続きを読む