交差点内及びその手前での車線変更(進路変更)は道路交通法上許されているのか?

交差点内及びその手前での車線変更をした場合,道路交通法違反となったり,その結果として交通事故賠償上過失責任を問われたりするのでしょうか。

交差点内では一切車線変更をしてはいけないかのような認識の方がおられますが,そんなことはありません。

結論から先にいえば,追越し又は追抜きの形態で行う場合,又は黄色実線による車線境界線が存在している場所以外では,交差点内及びその手前30m以内で車線変更をしたとしても,直接的に道路交通法に違反することにはなりません。

以下,この結論に至る理由を説明します。

なお,道路交通法上は,「車線変更」ではなく「進路変更」が正しい用語ですが,本稿ではわかりやすく一般に用いられる用語に即して車線変更と表記します。

交差点付近での車線変更の規制について

交差点内での追越し・追抜き禁止から導かれる車線変更禁止

道路交通法上,交差点又はその手前30mの位置では,後ろの車両が,前の車両を追い越すこと及び追い抜くことが禁止されています(道路交通法30条3号,同38条3項)。

道路交通法30条
車両は,道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては,他の車両(軽車両を除く。)を追越すため,進路を変更し,又は前車の側方を通過してはならない。
三 交差点(当該車両が第三十六条第二に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。),踏切,横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分。
道路交通法38条3項
車両等は,横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては,第三十条第三項の規定に該当する場合のほか,その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。

この点,追越し及び追抜きの概念は以下の図のとおりと解釈しますので,追越しでは必然的に,追抜きでは場合により車線変更を伴います。

すなわち,交差点内及びその手前30mでの追越し及び追抜きが禁止されていますので,交差点内及びその手前30m以内の場所においては,追越し及び追抜きの前提となる車線変更が禁止されるとの結論が導かれます。

これが,交差点内及びその手前30mでの車線変更禁止の法的根拠です。

車線境界線が黄色実線の場合の車線変更禁止

また,交差点の手前に,黄色実線による車線境界線によって車線が区分されている場合には,この黄色実線をこえて進路変更をすることは禁止されますので,この場合には,追越しや追抜きでなくとも,交差点手前での進路変更は禁止されます。

なお,ここでいう黄色実線は,車線境界線のことをいい,車道中央線のことではないことに注意してください(車道中央線の黄色実線は,追越しの際のはみ出し禁止規制を意味しています。)。

他方,車線境界線が白色実線・白色破線の場合には,追越し又は追抜きの際の車線変更は禁止されますが,単なる車線変更は禁止されません。

結論

以上より,道路交通法上,交差点及びその手前での車線変更を直接規制する法律はなく,交差点内及びその手前30m以内において追越し又は追抜きの形態で行う場合,又は黄色実線による車線境界線が存在している場所以外では,交差点又はその手前で車線変更をしたとしても,直接的に道路交通法に違反することにはならないのです。

補足

もっとも,道路交通法は,後続車の進路を妨害する可能性がある場合に,前車の進路変更を禁止していますので(道路交通法26条の2第1項,2項),追越しや追抜きの場合でなくとも,車線変更をすることにより後続車の走行を妨害する可能性がある場合においては,車線変更をしたことによる過失を問われることはあり得ますので注意が必要です。

道路交通法26条の2
1  車両は,みだりにその進路を変更してはならない。
2 車両は,進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは,進路を変更してはならない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です