【交通事故による後遺障害】足指の欠損

交通事故被害に遭い,不幸にも足の指を失う障害を負った場合,自賠責保険の後遺障害等級は,どのように扱われるのでしょう。

 

第1 交通事故損害賠償上の足指とは

足指の各指は,内側から,第1指,第2指,第3指,第4指,第5指といい,第1指は,末節骨と基節骨で構成され,その他の4本の指は,末節骨・中節骨・基節骨で,それぞれ構成されています。

なお,第1指にある関節は,指節間(IP)関節と中足指節(MTP)関節であり,その他の4本の指の関節は,遠位指節間(DIP)関節・近位指節間(PIP)関節・中足指節(MTP)関節です。

 

第2 足指の欠損の場合の後遺障害等級について

1 早見表

別表第二10級9号 第1指を失ったもの
別表第二12級11号 第2指を失ったもの
別表第二13級9号 第3指を失ったもの
第4指を失ったもの
第5指を失ったもの

2 足指を失ったものとは

足指を失ったものとは,原則として中足指節関節以上を失ったものをいいます。

もっとも,これに加えて,基節骨の一部を残したとしても,足指を基部(足指の付け根)から失った場合には,足指を失ったものとして取り扱うとされています。

 

合わせて読みたい→[後遺障害等級の各論点まとめページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です