車両保険で支払われるのが事故車両の全損時価額・修理代・レッカー代等に限られ,休車損害・代車代・評価損のてん補がされない理由とは

車両保険とは,衝突その他の偶発な事故によって,被保険自動車に生じた損害に対して,被保険者に保険金を支払う保険です。

わかりやすく言うと,車両保険とは,交通事故・盗難被害等によって自動車が損傷・紛失した場合,被害車両に付保した自分の保険会社にその損害金のてん補を請求できるという保険です。

交通事故に遭うと,物的損害として,被害車両自体の損傷等から直接生じる車両損害と,車両の損傷等から派生して生じる派生損害とが発生し得ます。

では,車両保険では,これらの物的損害のうち,どの範囲までてん補されるのでしょうか。

第1 車両保険によって填補される損害の範囲

交通事故に遭った場合に,被害車両(被保険車両)が全損となった場合には全損時価額が,分損となった場合に修理費用及びレッカー費用等(損害防止費用・権利保全行使費用・応急処置費用・運搬費用・引取費用)が車両保険によっててん補されることに争いはありません。

車両保険約款上,このことが明確に規定されているからです。

なお,全損時価額・修理費用については,保険会社において協定保険価額が設定され,車両の修理をすることなく,保険会社に対して当該損害価額について車両保険金の請求ができます。

他方,評価損・代車代・休車損害等については,車両保険ではてん補されません

車両保険約款に,これらの支払いをするとの規定がないからです。

この点については,対物保険(交通事故加害者になった場合に,相手方である被害者の物的損害について損害てん補を行う賠償責任保険)とはその範囲が異なります。

対物保険では,被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金を支払う旨の規定がなされており,車両保険金と違ってその支払い対象費目についての制限がなされていません。

すなわち,車両保険と対物保険とでは,保険金支払い可能な対象費目の範囲が異なりますので注意が必要です。

第2 補足

前記のとおり,車両保険において支払われる損害費目が全損時価額・修理代・レッカー代等に限られ,評価損・代車代・休車損害等については車両保険金の支払いがなされません。

もっとも,車両保険での支払いがなされない費目のうち,代車代については,別途,「事故・故障時代車費用特約」を付保すれば,同特約に従って,自身の付保保険会社からその損害てん補を受けることができます。

参考にして下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です