年収1000万円の人と1億円の人は働き方が違う!サラリーマンは昇給で収入1億円にはならない

年収1億円‼︎憧れますね。

年収が1億円あれば,日常生活でお金を気にかける必要は,ほぼ無くなります。お金で解決できることは,ほぼなんでもできます。

言うなれば,年収1億円でお金を心配から解放されるのです。

本稿では,この年間1億円(実際に1億円に到達するのはかなり困難ですので,具体的な数字ではなく,あくまで1つの目標として)を稼ぐための思考・働き方の方向付けについて考えていきましょう。

サラリーマンが昇給で年収1億円になることは通常ない

これを読んでいただいている方がサラリーマンであるなら,今,ご自身ご勤務されている会社の給与形態を思い起こしてください。

その給与形態の頂点におられる方の年間収入額が,あなたが今後サラリーで得られる可能性がある最大年収です。

普通の会社で,直属の上司から社長まで思い起こしてみても,年収1億円を得ている人はほとんどいないのではないでしょうか。

これは,何もあなたの勤務先に限った話ではありません。

日本で,1億円のサラリーを得ている人など数える位しかいません。

大手企業に勤めていれば,年収1000万円はそれほど難しい話ではありませんが,年収1億円は絶望的です。

つまり,勤務先に労働力を提供してその対価を得ているサラリーマンでは,どれだけ苦労をし,また社内でどれだけ成果をあげたとしても,サラリーで年収1億円を得ることはほぼ不可能です。

1000万円の先に1億円はないのです。年収1000万円と年収1億円は,ラインが違います。

年収1億円になるための仕事

このことは,何もサラリーマンに限った話ではありません。

自営業者としてどれだけ苦労をし,またどれだけ成果を上げたとしても,時間単位での仕事をしている人は,年収1億円に達することはほぼ不可能です。

時間単位で働く人には,代替者がいますので,付加価値をつけるのは難しいのです。

【参考】

では,年収1億円を達成しよう,またはそれに近づこうとするためには,どのような仕事をすればいいのでしょうか。

結論を一言でいえば,時間ではなく,成果で報酬を得られる仕事をするのです。すなわち,得られる価値を高めるのです。

また,報酬獲得手段を自動化するのです。すなわち,かける労力を減らすのです。

まとめると,少ない労力で,マーケットに高い価値を生み出すのです。

 産み出す価値を出来るだけ高め,価値を産み出すために要する労力を出来るだけ減らすことにより(また,これを目指すことにより),年収1億円の道が拓けてきます。

芸術家やプロスポーツの分野で活躍することかもしれませんし,私が身を置いている弁護士業であれば,イソ弁を雇って業務をさせ,自身は決済官に徹する方法があるかもしれません。

方法は人それぞれなのでしょう。

いずれにせよ,自身の労働対価で収入を得るのみではなく,何らかの手段で人とは違う価値を産み出すことこそが,年収1億円への最初の一歩です。

偉そうなこと言って,すみません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です