【交通事故による後遺障害】嚥下障害・味覚障害

交通事故の際に口に衝撃を受け,嚥下障害・味覚障害が生じることがあります。
この場合の嚥下障害・味覚障害は,損害賠償上どのような後遺障害等級認定がなされるのでしょうか。

以下,嚥下障害・味覚障害の順にみていきましょう。

“【交通事故による後遺障害】嚥下障害・味覚障害” の続きを読む

【交通事故による後遺障害】咀嚼機能障害・言語機能障害

口は,唇・顎・舌・歯などの働きにより食物の咀嚼機能をつかさどり,さらに発声器である咽頭とともに共鳴作用をして,言語の機能をつかさどる器官です。

自賠責保険は,この口の咀嚼機能・言語機能についての後遺障害等級いついて,以下のとおり定めています。 “【交通事故による後遺障害】咀嚼機能障害・言語機能障害” の続きを読む

個人事業主が交通事故加害者となった場合に被害者に支払った損害賠償金を経費計上できるか

個人事業主の方も,加害交通事故を起こしてしまうこともあります。

では,個人事業主の方が,交通事故を起こした結果,被害者に損害賠償金の支払いをすると,その支払額は個人事業で経費計上できるのでしょうか。 “個人事業主が交通事故加害者となった場合に被害者に支払った損害賠償金を経費計上できるか” の続きを読む

原則として交通事故被害者が受け取った損害賠償金(示談金等)に税金(所得税・住民税)はかかりません

交通事故被害者の方が,加害者又は加害車両付保付保保険会社から損害賠償金を受け取った場合,その受け取った金額につき,所得税・住民税等の税金は課されるのでしょうか。 “原則として交通事故被害者が受け取った損害賠償金(示談金等)に税金(所得税・住民税)はかかりません” の続きを読む

相続税節税目的の養子縁組の限界(孫養子のメリット・デメリット)

「最高裁で節税目的の養子縁組が認められたので自分も養子を増やして節税したい。」との相談が,最近続けてありました。

この相談に対する回答は,「養子の数をいたずらに増やしても基礎控除は増えませんので,相続税の節税にはなりません。」なのですが,多くの人が誤った理解をしています。

皆さん税金を払いたくないので,自己に都合よく解釈をしているみたいです。

以下,どういうことなのか説明します。 “相続税節税目的の養子縁組の限界(孫養子のメリット・デメリット)” の続きを読む

交通事故被害に遭った場合に認定される治療関係費の範囲

交通事故被害に遭った場合に,加害者から賠償を受けられる(交通事故との間で相当因果関係が認められ,認定される)治療関係費は,被害者が,事故に起因して負った傷害のうち,治療の必要性・相当性が認められる範囲のものをいいます。 “交通事故被害に遭った場合に認定される治療関係費の範囲” の続きを読む

交通事故被害者が成年後見人選任を要する状態となった場合に加害者が負担する後見費用の範囲

交通事故により被害者の行為能力に障害が生じて成年後見人選任が必要となる事態が生じた場合,加害者は,被害者の成年後見人選任及び後見事務に関する一連の費用のうち,いかなる範囲でこれを負担しなければならないのでしょうか。 “交通事故被害者が成年後見人選任を要する状態となった場合に加害者が負担する後見費用の範囲” の続きを読む

交通事故加害者が被害者からの工場代車代の支払請求に応じる必要がない理由とは(レンタカーとの違い)

交通事故加害事故を起こした場合,被害者から,被害者運転車両の修理期間中,修理工場から代車を借りたので,工場代車代を支払うようにと請求されることがあります。

もっとも,交通事故の相手方による工場代車代に応じる必要はありません。

法律上,交通事故加害者は,相手方からの工場代車代の支払請求に応じる必要がないからです。 “交通事故加害者が被害者からの工場代車代の支払請求に応じる必要がない理由とは(レンタカーとの違い)” の続きを読む

無免許運転が交通事故損害賠償での過失割合にどのように影響するか(裁判例の基本的な考え方も)

わが国には,「何人も,…公安委員会の運転免許を受けないで(…運転免許の効力が停止されている場合を含む。),自動車又は原動機付自転車を運転してはならない。」との法律があり(道路交通法64条1項),これに違反して,無免許運転をした場合,刑事上,1年以下の懲役又は30万円以下の刑事処分を科せられることとなります(道路交通法117条の4第2号)。なお,ここでいう無免許とは,運転訓練を経ない無免許に限られず,些細な交通違反を重ねて免許停止の処分を受けている者も含まれます。

では,無免許運転の場合,民事上は過失割合にいかなる影響を及ぼすのでしょうか。無免許運転の事実により,直ちに同運転者に不利益な過失修正がなされるのか問題となります。

“無免許運転が交通事故損害賠償での過失割合にどのように影響するか(裁判例の基本的な考え方も)” の続きを読む